医療系専門学校を検討している方へ。大学との違いとは。

医療系の資格を取るためには、大学へ行って単位を納め、国家試験の受験資格を得るパターンと、専門学校へ通って必要な単位を納めて国家試験の受験資格を得るという2パターンがあります。
専門学校で国家資格の受験資格を得られる職業には看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士があります。
大学と専門学校の大きな違いは学校に通う年数です。
大学はご存知の通り4年間通うのに対し、専門学校は医療系は大体3年間通う必要があります。現在、リハビリ系資格の専門学校では2年間通うことで国家試験の受験資格を与える学校、看護系の専門学校では夜間のみ4年間通うことで国家試験受験資格を与えるという学校もあります。
両者どちらに通っても学ぶことが同じですが、大学の最初に1年間は基礎教養となるため医療の分野を学ぶことはできず、普通の大学生と同じようなことを学びます。早く社会に出て実体験を積みたい、職に就きたいという思いがある方は、専門学校へ通うことがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です