専門学校への進学率。

自分は高校を卒業後に地元の大学へ進学をしました。その際、友人達もほとんどが大学へ進学をしました。専門学校へ進学した割合は、自分の周りでは10人に2人くらいでした。
そこで気になったので調べてみると、自分の周りの進学先の割合と比べて実際の進学先の割合がほとんど一致していました。16%の卒業生が専門学校へ進学するようです。大学というと53.9%でした。ほぼ自分の周りの友人達と同じ感じでしたね。
さて、自分の友人達が大学や専門学校を卒業後にどういう進路を進んでいるかを考えてみると、専門学校に進学した友人達の方が安定した職に就けているような気がしています。個人差がもちろんあるかと思いますが、専門学校は専門的な職業の知識や実習で技術も得られるので即戦力になりやすいですし、就職のための予備校的な部分を持っている場合もあるかと思います。あくまでも学問を学ぼうと大学へ進学した友人はなかなか就職に苦労したという面もあり、周りに流されに自分のやりいことを確固として持つ事が仕事をするうえで大事なんだなぁと改めて実感しているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です